きたまちコンセント

いつか来た町、また来たい町、喜び多い町、奈良きたまち。

おとくなサービス内容!!

参加店舗とサービス内容です。気になるお店はクリックしてね!

藍布(アジア薬膳)
養生ランチコースを50円引き。
きたまちいいとこマップ 番号:6 位置:B3
地図
ゆりゆりBooks
先着10名様に中古絵本を50円引き。
きたまちいいとこマップ 番号:9 位置:B3
地図
喫茶バルドー
ご飲食料金5%オフ。
きたまちいいとこマップ 番号:13 位置:B4
地図
ワインの王子様
お買い上げ金額から5パーセント割引き。
きたまちいいとこマップ 番号:14 位置:B4
地図
cafe CROCO
半券のご提示で500円以上のご利用につき50円引きさせていただきます。
きたまちいいとこマップ 番号:15 位置:B5
地図
きたまち ce magasin
ランチメニューご注文の方に1ドリンクサービスします。
きたまちいいとこマップ 番号:19 位置:B5
地図
PHOTO GARDEN
店内商品5%OFF ※書籍・中古カメラ除く。
きたまちいいとこマップ 番号:20 位置:B5
地図
アンヌマリーカフェ
次回に使えるコーヒーチケット1枚プレゼント。使用期限はありません。※ブレンドコーヒーかアメリカンコーヒーのどちらかに使えます。
きたまちいいとこマップ 番号:21 位置:B5
地図
さくらバーガー
ハンバーガーとドリンクのセットをご注文の方に、さくらバーガーオリジナルお煎餅(畠山製菓さん製3枚入り)をプレゼント。
きたまちいいとこマップ 番号:24 位置:B5
地図
活版工房 丹
半券掲示及び店舗でのご購入で、【正倉院文様デザイン】の美術印刷ポストカードを1枚プレゼント。
きたまちいいとこマップ 番号:25 位置:B5
地図
寧楽のタイ古式マッサージ 慕古
施術時間を10分延長。
きたまちいいとこマップ 番号:28 位置:C2
地図
器人器人
2500円(税抜き)以上お買い上げのお客様、100円値引き致します。
きたまちいいとこマップ 番号:32 位置:C3
地図
and smiles hostel
平日にご宿泊のお客さまに軽朝食を無料サービスします。
きたまちいいとこマップ 番号:34 位置:C3
地図
小さなホテル奈良倶楽部
ご宿泊のお客様で、半券提示の方にはウェルカムコーヒーをサービスします。
きたまちいいとこマップ 番号:52位置:D2
地図
御菓子司 萬林堂
当店の商品500円以上お買上げの方にイコマ製菓本舗レインボーラムネ1袋サービス!!
きたまちいいとこマップ 番号:58 位置:D3
地図
マールイ・ミール
ソ連時代のバッヂ1個をプレゼント!(2/5〜3/4迄)
きたまちいいとこマップ 番号:13 位置:B14
地図
ミジンコブンコ
カレーご注文の方、単品で50円引き、セットで100円引き致します。
きたまちいいとこマップ 番号:64 位置:D3
地図
工場跡事務室
工場跡オリジナルデザイン封筒を1枚プレゼント。
きたまちいいとこマップ 番号:66 位置:D3
地図
アトリエリジッタ
半券掲示+商品ご購入で、椿のワッペンシールプレゼント。
きたまちいいとこマップ 番号:67 位置:D3
地図
万喜彫金工房
【奈良モチーフシリーズの体験レッスン200円引き】鹿せんべいコースター、シカツノリング、シカさん箸置き、のいずれかを、半券一枚につき200円引きで制作出来ます。(奈良モチーフ体験レッスンの料金は一制作につきどれでも3,700円です)
きたまちいいとこマップ 番号:75 位置:A4
地図
ことのまあかり
飲食50円引き。
きたまちいいとこマップ 番号:76 位置:A4
地図
Koharu cafe
ランチご注文のお客様は、50円引きにさせて頂きます。
きたまちいいとこマップ 番号:78 位置:C3
地図
きたまち豆腐田楽OU812
半券提示で豆腐田楽定食通常1200円を1000円に!
きたまちいいとこマップ:法蓮仲町交差点北東側 位置:B3
地図

奈良きたまち

近鉄奈良駅の北側、東大寺の西側に広がるエリアが「きたまち」と呼ばれるようになって約30年。

住む人のくらしの合間に、少しずつ増えてきた個性的なお店、そして、まちの人とともに在るお寺や神社、祠などの祈りの場と、奈良女子大学、県庁、美術館などの文化施設が点在するまちです。

初めて歩くのに、いつか来たことがあるようななつかしさに包まれるまち。

目的地を決めずに、気の向くままに歩くのが楽しいまち。

ここ「きたまち」で生まれた「きたまちコンセント」では、 いろいろなお店や団体、人と人とがゆるやかにつながり、ほかのまちともつながり、 あしたがもっとすてきな未来へとつながっていくような活動をしています。

歴史のモザイクのまち

人呼んで「歴史のモザイク・きたまち」。

奈良時代は、平城宮と東大寺を結ぶまちとして賑わった。

東大寺転害門(国宝)はいまも堂々とした姿で在り、奈良の大仏様を発願された聖武天皇・光明皇后の御陵もある。

『万葉集』に詠われた佐保川がまちを流れ、戦国時代には松永久秀が織田信長もうらやむような多聞城を築き、松屋会記を残した土門家が茶の湯を愉しんだ。

江戸時代に入ると、奈良奉行所が置かれ、名物奉行・川路聖謨がここで政務を執った。この場所は現在では奈良女子大学となっている。

京へ向かう人、京から来る人が行き交い、旅籠も多くあった京街道もきたまちを通る。南都八景と称えられた「雲居坂雨」、「轟橋旅人」はこの道沿いの風景だ。

写真提供:PHOTO GARDEN